Happily Ever After

アラフォーワーママ暮らしの記録。長女モモ小3、次女ハナ年長。毎日をシンプルに楽しく積み重ねたい。

【スポンサーリンク】

魚嫌いの我が家の娘たちに、出来るだけ笑顔で魚を食べてもらう方法

みなさん、お魚は好きですか?

 

アラフォーのオバサンが言うのもアレですが、私は肉か魚か、と問われれば、間違いなく「肉!」なお肉大好き人間です。私が帰国子女で、幼少期に魚を食べる機会があまりなかったせい、と勝手に思ってます。

 

大人になってお寿司は大好きになったものの、やはりお肉が一番好き。アラフォーなのに。。。

 

そんな私が、自分の好みのままに食事を作ると、当然おかずの肉比率が高くなってしまうので、気を付けなければ…と思い始めた最近。

 

が、時既に遅し。

 

既に、モモハナもかなりの肉好きなお子ちゃまに育ちつつあることに気付いてしまいました。だって、

「今晩、何食べたい?」

って聞くと、

「からあげー!」

「餃子ー!」

って感じだもん。。涙

まあそのように育ててしまったのは、私だけど。

 

こりゃいかん!と、幼い二人の食べやすさも考えて、切り身のお魚を食卓に出す頻度を上げようと試みる私。あまり好きじゃないお魚を出されてドヨーンとしてるモモハナ。「せっかくご飯作ったのに!」と悲しい(怒る)私。

 

いかん、これ良くないスパイラル!

 

次の手として、モモの(まあまあ)好きな鮭の塩焼き、ハナの(同じくまあまあ)好きなブリの照り焼き、をそれぞれ出すようになりました。それが半年くらい前。

 

でも、それもやっぱり面倒だし、肉料理に比べたら、食い付きはイマイチ…。

 

ということで、最近は魚の切り身を調理する時は、

  • 揚げ焼き
  • フライ
  • バターソテー

といった、子供が好きなちょっとオイリーな調理法を使うようになりました。そう、それはまるでお肉を料理するかのようなオイリーさ。笑

 

そうすると、俄然食べるのです!今までだったら完食出来なかった魚も、ペロリなことが増えてきました。

 

クックパッドももちろん調べまくり、色々試してます。その中ではこのブリの揚げ焼きが最近のヒット!子供たちにもオットさんにも大受け。

簡単!カリカリ☆フライパンでぶり塩焼き♪ by kcochibi 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが302万品

 

普通に魚を塩焼きしたり、煮付けたりするのと比べれば、もちろん、揚げ物やらソテーやらはちょっと面倒。

 

それに、油っぽい調理法ばかりじゃ健康面でダメだなとも思うし、一尾丸のお魚もいずれ食べられるようにならないとな、とも思う。

 

でも、今は

  • 笑顔で完食できる。
  • 魚も美味しいと思える。

そういう楽しい食体験をまずは大事にしたいです。

 

ゆっくり少しずつ!

 

あ、私的な子供たちウケのポイントは、いかにカリッと仕上げるか、です!笑

 

【スポンサーリンク】