読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Happily Ever After

30代ワーママ暮らしの記録。長女モモ6歳、次女ハナ3歳。毎日をシンプルに楽しく積み重ねたい。

【スポンサーリンク】

明日への元気をくれるオススメ漫画

ワーママ&仕事 漫画

「明日も頑張ろう」って思わせてくれる漫画たち

最近、仕事で色々な変化や改革が続いてます。もともと仕事というのは、忙しいけど楽しい、やりがいがあるけど時に辛い、という矛盾したものだと思っていたけれど、最近はその波の激しさをより強く実感する毎日。

 

そんな私の、元気をもらえるオススメ漫画たちをご紹介します。

 

①「のだめカンタービレ」二ノ宮知子先生

のだめカンタービレ(1) (Kissコミックス)

のだめカンタービレ(1) (Kissコミックス)

 

アニメ化、映画化もされた超有名作品ですね。プチ自慢ですが、私は二巻が出たくらいに書店でジャケ買いして以来、地道に単行本を買い続けていた、いわゆる古参ファンだと自分で思ってます(笑)。

破天荒なキャラクターを描かせたら右に出る者はいない二ノ宮先生の代表作。天才的なピアノの腕前を持つも強烈な個性と過去のトラウマから音大で落第生扱いを受けている「のだめ」と出会った、指揮者を目指す努力型天才・千秋の物語です。漫画なのに、音が聞こえてくる気がする演奏シーンが本当に素晴らしいです。髄所に笑いが散りばめられたコメディでありつつも、努力を続けることの大事さを教えてくれます。何回読んでも元気が出る!私の人生ベスト漫画トップ3に入るくらい大好きです。

 

②「天使のツラノカワ」一条ゆかり先生

天使のツラノカワ (1) (集英社文庫―コミック版 (い34-37))

天使のツラノカワ (1) (集英社文庫―コミック版 (い34-37))

 

 一条先生といえば「プライド」や「有閑倶楽部」が有名ですが、私はこの作品が一番好き。敬虔なクリスチャンだった主人公が、散々な目に遭い、祈るだけでは人生何も変わらない、努力あるのみ!行動あるのみ!と突き進む物語。彼女の不思議な魅力に、どこか人生を諦めていた周囲も、少しずつ変化を遂げていく様に、「私も今からでも変われるかも」と思わせてくれます。

 

③「ラストイニング」中原裕先生 

ラストイニング(1)【期間限定 無料お試し版】 (ビッグコミックス)

ラストイニング(1)【期間限定 無料お試し版】 (ビッグコミックス)

 

 小学館「ビックコミック スピリッツ」で連載されていた高校野球漫画です。我が家はこの漫画が読みたくて、何年もスピリッツを購入し続けていました。

廃部寸前の野球部を立て直して実績を一年で出さなければいけなくなった鳩ヶ谷監督(通称ポッポ)と、彼についていく高校球児たちの奮闘が清々しい物語。ポッポの野球論が純粋に興味深いのに加え、野球部を失いたくないという思いから、ごく普通の高校生たちが必死に頑張る姿がグッときます。私は俺様でちょっとおバカなな投手・日高が大好きです♥今なら電子書籍が無料みたいなので、ぜひお試しを!

 

⓸「3月のライオン」羽海野チカ先生

3月のライオン (1) (ジェッツコミックス)

3月のライオン (1) (ジェッツコミックス)

 

 「ハチミツとクローバー」で美大生たちの甘酸っぱい恋愛と成長の物語を描いた羽海野先生の新しい連載ですね。既刊11巻で、まだ完結してません(他の作品はすべて完結してます)。

家族を交通事故で失い、天涯孤独となった高校生棋士・零と、彼を支え、時に彼に支えられる川本家のお話です。登場人物のだれもが、胸に突き刺さるような様々な孤独を胸に抱えていて、それでも何とか前へと向かおうとしています。私は将棋にあまり詳しくないのですが、それでも試合の場面の迫力がすごい。どうか皆が幸せでありますようにと思わずにいられません。来年の映画化とアニメ化が発表されてますね。楽しみ!

 

 まとめ

 こうして振り返ると、「努力は報われる」と私は信じたいのだなぁと改めて思いますね。私自身、三日坊主なところも多いのです、どんな困難にぶち当たっても努力を継続出来る人を尊敬するし、憧れます。私も頑張らなくちゃー!

 

【スポンサーリンク】